Top > 学校案内 > 本校の特色

学校案内


 本校の特色について


【清新溌剌(せいしんはつらつ)の校風】

 当校は、昭和50年4月、川崎市内6番目の県立普通科高校として誕生しました。 校舎は南生田の丘陵の一角にあり、開校当時は緑や田畑も多く、ヒバリもさえずっていたと言われています。 今では周辺が住宅地となっていますが、静かで落ち着いた学習環境に変わりはありません。
 当校では、知育・徳育・体育の調和を目指す全人教育を目標とし、生徒・教職員・保護者が一体となって、 明るく爽やかな校風を創り出しています。創立41年を経て、生徒は自由で伸び伸びとした雰囲気の中で、 勉学や部活動に日々励んでいます。

【教育活動の特徴】

1 人権・国際教育の推進

 当校の特色は、「人権教育」と「国際教育」の推進です。3年間を通じて計画的に学びます。
 人権教育では、総合的な学習の時間を活用し、車イス講習会・ビデオ学習などを通じて、 様々な人権・差別問題について学び、考えることができるようにしています。
 国際教育では、国際理解にかかわる授業・講演・留学生との交流等を通して世界の現状や課題を把握し、 気づき、考え、自分のできることを実行する能力や資質を育成する教育活動を推進しています。

2 個々の進路実現に向けた学習活動の推進

 当校では生徒が広く社会に貢献し主体的に行動できる人材の育成をめざして教育を行っており、 個々の進路実現に向けた学習を展開しています。 1年生では、基礎・基本事項を学習し、2年生では、自分の進路実現に備えて学習します。 3年生では、選択科目により、自分の進路実現に合わせて、深化した学習を行います。
 教科指導の基本方針は、各教科・科目においてきめ細かく丁寧(ていねい)に指導することです。 さらに、夏期講習などの実施により個別指導を充実させ、不得意科目を補い、 得意科目を一層伸ばすように取り組んでいます。
 また、3年生の選択科目では、生徒の興味・関心や進路実現に向けた授業を少人数クラスで展開し、 きめ細やかな学習指導を行っています。

3 活発な部活動

 部活動や学校行事は、生徒が主体となり、自主的で活発に取り組んでおり、 全校生徒の約7割が部活動に所属しています。
 体育系では、チアリーディング部、陸上競技部、男女バレーボール部、男女バドミントン部、男女バスケットボール部、 野球部、男女ハンドボール部、水泳部、男女硬式テニス部、サッカー部、卓球部、ダンス部、女子ソフトボール部、 ワンダーフォーゲル部の各部が日々熱心に練習に励んでいます。
 文化系では、茶道部、美術部、吹奏楽部、料理部、軽音楽部、鉄道研究同好会、ESS同好会、 現代視覚文化研究同好会の各部・同好会があります。 それぞれの部・同好会の活動を通して、地域との交流も推進しています。

4 学校行事

 秋には「風音祭(ふうおんさい)」という名称で体育祭、文化祭が催されます。 体育祭は、4つに分かれたチームが各種目や応援合戦で総力をあげて競い合います。 文化祭では、各文化部・各クラスで創意工夫あふれる展示や模擬店に取り組み、 体育館ステージでは、チアリーディング部やダンス部、クラス参加の演劇など充実した発表を行っています。
 こうした行事を通じて学年・クラス・生徒同士の交流を深めています。また、冬には「百人一首大会」、 春には球技大会が開催されます。
 このように勉学だけでなく、 部活動や学校行事などに熱心に取り組む意欲的な生徒を育てているのが当校の大きな特色でもあります。

5 生徒相談室の設置

 3年間の高校生活には、様々な悩みがあるものです。個々の悩みに対応するために、当校では生徒相談室を設け、 スクールカウンセラーが相談を受け付けています。 また、保護者からの相談にも随時応じており、誰でも安心して利用することができます。

6 個性を伸ばす進路指導

 生徒一人ひとりの個性・適性を見出し、個性を伸ばすための指導を重点的に行っています。 特に総合的な学習の時間では、調べ学習や体験学習、課題研究発表会をとおして課題を見つけ、解決しようとすることで、 進路意識をより深めていきます。 また、進路指導室を開放し、資料の参照のほか、自習室として自由に利用できるようにしています。 その他、進路説明会や模擬授業、職業講話など、大学等の講師を招いての進路行事も行っています。



当校の制服(冬服)

当校の制服

Page Top